性格による言葉の違い

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「自分の売り出し方をつくるコーチング」
コーチング講師の平山です。

 

 

「わざわざ」という言葉があります。

 

「わざわざ」と聞くと、田舎の温泉宿などで「わざわざこんな山奥へおいでくださって~」

みたいな言葉を連想します。

 

しかし、日常で「わざわざ」を使ってしまうと、「わざわざこんなことしないでよ!!」

なんていう意味での、やらなくていい事を更にやらてしまう 意味のとらえ方をされる事がある。

 

「わざわざ」「ついでではなく、その為にかけた努力」「余計な事をされる」の2つの意味。

 

使い方を気をつけるものなのか?それとも、聞き方を気をつけるものなのか?

 

僕は、どうしても聞き手が流せればよい事に思える感じがします。

だって「わざわざ君に送ったから」とかみたいに、厚かましい言い方する人はいるけれど、

そんなに、ずうずうしい人を相手にする時間ももったいないと思ってしまう。

 

だから、聞き手の相手だったり、自分が、「この人、わざわざの使い方に、弱い人なんだ~と思えばいい」

 

言葉選びはとても難しいし、人の性格によって同じ言葉が変化します。

人には、キャラクターという表現があり、ひとり一人にパーソナリティがそれぞれ存在する。

 

心理学的に「キャラクター」は彫刻が語源で、人が生れもって性格が刻まれた様を意味し、

「パーソナリィティ」は仮面のペルソナが語源で、環境に合わせて性格を演じる様からきています。

 

人の性格は、生まれもって刻まれた性格+環境にあわせて自分を演じた仮面の数で、

その人の性格が形成されています。

 

だから人の性格から生まれる価値観には違いがあって、

 

メールやLineの返信の早い人、遅い人。「仕方ない」の裁量のちがいも、

「わざわざ」のようは言葉の解釈も、その人の価値観からの言葉なんだと思います。

 

誰しもが、価値観や性格は異なるものなので、「思いやり」があると、

人との衝突も減っていきますね!

 

 

 

 

 

今日も、平山コウスケのBlogをご覧頂きありがとうございます。

多くのコメントやご支援に、心から感謝しております。

 

 

 

 

※Facebookの申請などお気軽にお声がけ下さい。
平山紘介の名前で検索するとおりますので。(変わった営業などは受け付けておりません)

 

同じ業界、他業界で頑張る皆様を応援しております。

 

講師 平山

 

 

 

 

葛西・美容室・アンクルート・コーチング・心理・教育・経営・ライター・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 心の解説者®︎・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00