人が好意を抱く2つの効果

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「売り出し方をつくるコーチング」
コーチング講師の平山です。

 

 

なぜ?なにも考えていなかった人を好きになるのか?

 

恋愛の始まりには、ありがちな言葉ですが、そこには人の心理が隠れています。

 

今回は、そんな「人が好意を抱く時」の2つのPOINTをご紹介します。

 

人は、生活をしていると、コンビニエンスや電車などを利用します。

そんな毎日の中「よく見かけるな~」と思う人をなんかいいな~と思う事がある。

 

これは心理学的に「単純接触の原理」と言います。

簡単には、会えば会うほど好きになる心理。

 

人は会う回数の多い人を好んでしまう心理があり、「たまたま」や「またあったね!」

という人に、ナゼか好意を抱いてしまう心を持っています。

 

トレンディドラマの中でも、「偶然の出会い」「偶然の遭遇」「ふとした時の出会い」

など、あるあるのシーンなのですが、心理学的に男女の恋愛で効果が高い事が証明されています(笑)

 

会えば会うほど好きになってくれるのならば!沢山会おう!!と

思いたいところですが・・接触回数と好意は比例していて、

10回くらいまでは好意を持たれるのですが・・それ以降はあまり変化がでにくくなります。

 

注)ストーカーのような行動は、嫌われリスクの方が高いのでやめましょう。

もう一つが「ドキドキすると好きになりやすい」心理。

 

お酒を飲んだり、スポーツ観戦を見たり、ジェットコースターに乗ったりと、

人はいろいろなところででドキドキします。

 

好きな人を見てドキドキするのは・・もう好きな事が原因なので、それは恋です。

 

観覧車の中でなど、高い所が怖い!!とドキドキする体の反応に対して、

そこに異性がいると、「あれこの人に私ドキドキしてるかしら?」と起こる錯覚があります。

 

これは、心理学的に「帰属錯誤」と言います。

 

身体がドキドキしているのと、好意でドキドキしているのが、間違って好きになってしまう心理。

 

心理学者のダットンとアロンの実験において「吊り橋理論」と実証されていて、

 

なんでもない橋の上で男女が好意を抱く効果と、吊り橋の上で男女が好意を抱く効果を実験し、

 

吊り橋の上での男女が好意を抱く可能性が、普通の橋の約4倍も効果があったとされています。

 

何かしらの出来事→ドキドキ!!→恋かも?? と誤解から生まれる効果です。

 

お酒の飲み過ぎでドキドキする事や、スポーツのやり過ぎでドキドキするなど、

原因が明確な時には、この嬉しい誤解はあまり生まれません(笑)

 

ちょっとしたドキドキが効果あるんですね!!

冷静な姿勢を保ちすぎるよりも、少しドキドキするシチュエーションの方が

恋に発展するかもしれませんね!!

 

「人が好意を抱く2つのPOINT」
①会う回数が多いほど、好きになる効果があがる
②ドキドキする場面で好きに変化する可能性がある

 

いつもと同じじゃ、異性もつまらなくもなります。

何か「特別!」と感じる気持ちの心がけも、たまには必要ですね。

 

 

今日も、平山コウスケのBlogをご覧頂きありがとうございます。

多くのコメントやご支援に、心から感謝しております。

 

 

 

 

※Facebookの申請などお気軽にお声がけ下さい。
平山紘介の名前で検索するとおりますので。(変わった営業などは受け付けておりません)

 

同じ業界、他業界で頑張る皆様を応援しております。

 

講師 平山

 

 

 

 

葛西・美容室・アンクルート・コーチング・心理・教育・経営・ライター・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 心の解説者®︎・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00