もはや、正月太りではすまされないリアルなバラエティ

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「売り出し方をつくるコーチング」

 

 

 

心の解説者、平山です。

 

 

ゆれる振袖、ぶらさがる髪飾りに、誘われて追いかけてくる
寒さと飲み会。12月なんて比べられないくらいに
寒いってもんじゃない。関東でこんなに寒いならってはなしだよ・・

 

なんでこんなに寒いのか??なんでこんなに世間は楽しそうなのか??

 

あれっ。いつからなのか?そう思うの?

 

・・・・・・去年も。・・・その前も・・。

 

もっと、学生。そう高校2年くらいまで、いや、
22歳くらいまでは、年末年始って、間違いなくイベントだった。
はず・・・。

 

当時、年始の初詣に他の女の子と行って、
そのことが当時の彼女にバレて、今の鮮明にのこる修羅場の光景。
大切なイベントでは、ちょっとの間違いもやめた方が絶対にいい。

 

間違っても記憶に残るイベントではやめた方がいい。
「ねぇ初詣どうするの?」
「深夜なら少しいけるかも・・」
はい!その深夜、注意です(笑
でも、イベントでいたいっていうのが女子の願望でもあって・・
「今年は一緒いたい」
「でも彼女怒っちゃうよね?」

当たり前だろ・・・
そのイベントを叶えてみると、叶わない現実がだけが「あなたの前にある」

 

二兎を追う者は一兎をも得ず?そもそもウサギなのか?
怒った顔を見る記憶のさなかでは、ライオンでしかない

 

嫌な思い出を語ってしまった・・

 

年初めの、初詣。家族で集まる1年の集まり。
食べ過ぎる親からの「食べなさい!」「食べなさい!」
「せっかくなんだから、これも食べな!」の永遠のコール。

これ、パワハラ?優しさ?親ハラ?

 

普段食べてないワケじゃないし・・むしろ、親の気持ちも分かるから
食べないわけにいかないし・・だから食べるんだけど、
親って優しんだよね。優しいから断れない絶対に。

 

そして。デブになる。

 

そう。私がデブになる。

 

正月ってなんなんだ。集まるとなんでこんなに食事を強要するのか?
お金もたいしてなければ、確かに豪華なご飯が多いわけじゃない。
そしてデブになる。

 

だけど、そんなに家系のラーメンじゃないんだから、
無理矢理食べる方が、これからの恋愛人生も、体系にも
支障しか生まれないよ・・お祝いを超えてお祈りしかみえない。

 

食べれるって幸せよ!確かに。
でも食べれないくらいの環境に我慢できる自分を幸せを想いたい。

 

TVをつけて目覚ましTVをみては、やせた嫌な女のアナウンサーが
「ことしも食べ過ぎちゃいました(笑」・・・・・・

はっ!!!?「なに食べたの?」葉っぱ?

 

葉っぱ?クスリじゃないです。

 

くらいに。まったく変わらないのに、
「太っちゃったwww」

 

どこがだよ!!!!!!!!!!

 

「お前が太り過ぎなら、私はただのデブか?」

 

おもいがけない言葉が過ぎるのも年始なんです。

 

おもいがけない挑戦してるから仕方ないのね。

 

だって、噂じゃ、私だけなの。

 

勝手に太って悩む私・・・・

 

嘘つかれても、LINEもないし、DMもない・・

 

飲む気もまずないし、気持ち紛らわせないし、

 

どうしたらいいの私?

 

ちょっと太ってるし。

 

最悪。最悪。もう無理。

 

「だからやっだったの寿司も、すき焼きも、蟹も、甘いのも」

 

仕方がないから・・

 

そうやって言い聞かせて、我慢しながら、食べたくて運んだ箸

 

嫌でも「仕方ないの!」

 

「勝てないよ!」むり「断れないよ!」親のご飯

 

でも答えてあげたい。娘の気持ち。

 

応えて悩む女心。

 

だから、年末年始は忘れない。思い出にかわる。

 

太った私。

 

あと7ヵ月の私・・。サヨナラ。

 

言葉では届かない・・7ヵ月後の夢見る私・・。

 

誰かが傷つくワケじゃなくても、傷つくわたしがそこにいる。

 

さよなら・・・私

 

サヨナラ・・夏

 

さよなら・・あなた

 

さよなら・さよなら・・さよなら・・・

 

いつも、平山紘介コウスケさんのBlogをご覧頂きありがとうございます。
心の解説や作品をもっと楽しく、
皆さんに面白いと評価されるように成長したいです。

 

 

 

 

同じ業界、他業界で、頑張る皆々様を応援しております。
心の解説者・ライター 平山 紘介 コウスケさん

 

 

 

売り出し方・コーチング・心理・心の解説者・教育・ライター・講師・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 資生堂講師・心の解説者・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00