ファンをつける・ファンがつく為には基本があった!

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「売り出し方をつくるコーチング」
どうも、心理で考えるコーチング講師の平山です。

 

 

 

今回は、ファンがつく為の基本のお話。

 

ファンの多い人って人並み以上努力をしています。

 

その努力についてのやり方かぁ?・・・

 

いえ。その努力の前提にある基本です。

 

僕は、メーカーさんや、業界の関係者様との商談や相談を

 

沢山しています。「平山さん時間作れませんか?」と伺って

 

頂いており、普通の美容師にチャンスが多い事をとても嬉しく思います。

 

そんなお仕事の話の中で「平山さんと話していると、イメージが沸きます」

 

とか、「平山さんって面白いですね」と言って頂けます。

 

僕は接客業のプロであっても、落語家でもないですし、

 

お笑い芸人でもないので、トークメインのプロではありません。

 

しかし、先方からは「おもしろい人だよね~」と喜んで言って頂けます。

 

僕の自慢話ではありません。まず、ココが今回のPOINTです。

 

この人応援したいなぁ!・この人おもしろい人だな!といった評価は

 

「自分ではなく、相手側が評価する」という事です。

 

ここが一番大切なPOINTです「評価は相手がするもの」

 

これを自分の価値観で接してしまうと、トラブルにもなりますし、

 

つまらない人と思われてしまいます。

 

仕事の努力でも、おもしろいか?つまらないか?を自分が評価している人ほど、

 

たいして面白くありません。

 

「おもしろい話があるんだけど・・」の大半が面白くないです(笑)

 

セミナーのお仕事などでも、僕は2,3パターンの講習企画を先方に提出します。

 

そうです。面白そうだと判断するのは主催側ですので、僕は選んで頂いた中

 

から、より楽しい講習になるように、そこに磨きをかけています。

 

仮に「①ファンのつくスタッフの育成セミナー」

 

「②ファンのつく見せ方・売り方・失敗例」と2種類の企画書を提出します。

 

どちらを選ぶのも、先方の教育部・セミナー担当者です。

 

ここで僕が「こっちの①の企画の方が面白いですよ!!」と売り出しても、

 

個人開催でない限り、面白いか、つまらないかを判断するのは僕では

 

ありません。そんな自己主張を貫こうとするものならば、

 

必ず言い争いが生れるだけです。(プラス、今後の仕事の行方も危ういですし)

 

僕は、主催者様の方針に歩み寄りながら、お客様への最大の学べる、楽しめる

 

企画を入念に構築し、実際にセミナーを行うのが仕事なんですね。

 

逆に、自分の企画による、自分の価値観での、自分のプレゼンは、必ず

 

行き詰まります。(誰の為でもなく、自己掲示にしかならないからです)

自己掲示は強すぎると絡みづらい人・楽しくない人になりやすいです。

 

人との会話の中で「カツ丼っておいしいよね~」と話し始めたところに

 

「オレは、天丼の方が好きだから、カツ丼は好きじゃないな~」の様に

 

自分の主観だけで話す人もいます。ココを本人が気づいていない事が多いです

 

自分の意見を強く持つ事は良い事です。

 

でも、相手をいきなり否定してしまう事は、ファンの付きづらい特徴の一つです

 

いくつか、間違えた例をご紹介します。

 

ファンの付きづらい特徴
①いきなり否定から話す
②ネガティブな話題をだす
③なぜかなんでも謝る
④必要もないのに結論づける
⑤話の前後がなく会話する
➅グチを話す

 

この間違えた例は、誰でもいい思いはしません。

 

人はファンになる前提に「自分を理解してくれる人」

 

好きになる特徴があります。

 

絡みづらい人も自分を知ってほしいが為に、

 

自己主張をしてしまう仕方のなさも、理解できます。

 

しかし、どんな方でも自分がまずありますし、

 

自分のテリトリーや、相手のパーソナルスペースに立ち入る時には、

 

相手への思いやりが、非常に大切な「マナー」となります。

 

ファンがつく基本の前提に「マナー」「評価は相手がする」

 

「思いやり」の3っがある事が分かります。

 

マナーを大切にすることは、ファンになってくれる人を思いやる行動です。

 

ファンが増える以外にも、人だからこそ、お互いに気持ちの良い付き合いは、

 

とても素敵なことと思います。

 

沢山のファンは、いつか自分の大きな力になってくれます。

 

沢山のファンや仲間を増やしていきたいですね。

 

今日も、平山コウスケのBlogをご覧頂きありがとうございます。
多くのコメントやご支援に、心から感謝しております。
Twitterをつくりました!是非フォローしてください。@hirapon33

 

 

※Facebookの申請などお気軽にお声がけ下さい。
平山紘介の名前で検索するとおりますので。(変わった営業などは受け付けておりません)

 

 

同じ業界、他業界で頑張る皆々様を応援しております。
講師 平山

 

 

 

 

 

 

 

葛西・美容室・アンクルート・売り出し方・コーチング・心理・教育・経営・ライター・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 心の解説者®︎・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00