ヤバイ時代から、ツライ時代へ

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「売り出し方をつくるコーチング」
コーチング講師の平山です。

 

 

この「ヤバイ、ヤバイ」って訳すと「凄い、凄い」になる。

大抵の人は、ヤバイを凄いとしていて、

 

少し前の時代には「危ない」から進化して「ヤバイ」になっているから、

「危ない危ない」を「ヤバイ、ヤバイ」としても使っていますね。

 

マックの店内などで、いきなり大きな声で「ヤバイ↑ヤバイ↑」と聞こえると

どれだけ大変危険な状況なのか??と誤解する人もいたことだろう。

こんなファストフードの店内で、そんなに危険な事があるのか?

それとも、何がそんなに「ヤバイの?」と。

 

「ヤバイ↑ヤバイ↑」って↑(上げ)のテンポで「ヤバイ」が存在する凄いと、

 

もちろん逆の「ヤバイ↓ヤバイ↓」の↓(下げ)のテンポでへこむバリエーションまでもある。

 

最近別な店内で、女子たちが、お客さんと盛り上がって話をしているが聞こえてくると、

「ツライー↑」、「ツライ↑ツライ↑」と聞こえてきた。

 

なんのことだろう?「ツライ??」もちろん「辛い」のツライだ。

 

「ツライ」=「悲しい」なのか?

 

それにしては「ツライ↑」が上げのテンポでしかない。

「ヤバイ、ヤバイ」のヤバさが増して、「つらくなって」しまったのか??

 

感情の表現的に「ヤバイ」までもが、「ツライ↑ツライ↑」と自虐的にまで変化している。

 

テンポの上げ下げ以上に、言葉の変化が確かに速い。

 

「携帯でメールしてね」なんて、みんなが言っていたのに、「スマホでLINEちょうだい」

にいつの間にか、本体まで名称が変わり、もう今では、「インスタでDMして」と本体すら消え、

アプリとダイレクトメールにまで変化してしまっている。

流行りで面白い意味合いだけではなく、どこか時代のトレンドラインがあると、

何かイマジネーションに足される感じがするものです。

 

「ビビる」といった言葉があったり、「マジ」があったり、「チョー」が出たり、

「ヤバイ」から「ツライ」まで、本当に沢山ありますが、いつの時代も自虐のラインは、

使いやすいのが、日本らしくも感じます。以前は「イタイ」だったり「寒い」など。

 

社会人になってからは、いつの時代の若者言葉であっても、使用しない事の方が無難ですね。

語弊(ごへい)をおかしても良くないですし、語彙(ごい)が多い方が、表現が豊かになりますしね。

 

「ムカつく!」と言いたいなら、 「後ろ髪をひかれる思いがあります」とか、

「へこむよね」ならば 「大変ですが、お力落としなく」など、

 

流行りの言葉以外の、言葉の表現が日本語には沢山あります。

 

「ベル友なんだよね~」なんて言ってしまった時には、「ツライ↑ツライ↑」

なんて仕打ちを受けてしまうことでしょう(笑)

 

 

今日も、平山コウスケのBlogをご覧頂きありがとうございます。
多くのコメントやご支援に、心から感謝しております。

 

 

※Facebookの申請などお気軽にお声がけ下さい。
平山紘介の名前で検索するとおりますので。(変わった営業などは受け付けておりません)

 

 

同じ業界、他業界で頑張る皆々様を応援しております。

講師 平山

 

 

 

 

葛西・美容室・アンクルート・コーチング・心理・教育・経営・ライター・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 心の解説者®︎・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00