グレーなのだけれども、ブラックではない

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「売り出し方をつくるコーチング」
コーチング講師の平山です。

 

 

会話の中で、言い訳は自己防衛でついつい出てしまうもの・・

 

言い訳を超えて、屁理屈(筋道の立たない理屈)にまでなると、

ただ、大人げない人にしか見えなくなります。

 

最近では、屁理屈をグレーゾーンとして扱っていたり、グレーなのだけれども

ブラックではないからセーフにされてしまう事柄が多くあります。

 

このグレーゾーンは、最近に始まったものでもなく、実は昔から存在していて、

日本ではグレーゾーンにちなんだカルチャーが現在も多く残っているんですね。

「今日はこちらっ!」

 

「いつも、こちらのモノをよく見かけると思います」

そうです!  謎の飛行機。  中央にも似たようなモノが飛んでいます(笑)

 

 

はい。凧(たこ)なのですが、この凧もグレーゾーンが潜んでいました。

江戸時代の頃 タコはイカと呼ばれていました。本当です。

 

凧(タコ)の形がイカに似ていたことからの語源なのですが、

江戸時代にこのイカ揚げで、イカ揚げ同士の糸が絡んで「お前邪魔だよ!」とケンカになったり、

かといって道端でやれば、大名行列への落下物として怪我をさせて公務執行妨害や、

畑でイカ揚げをやれば、作物に激突して器物損害の原因になっていました。

 

人身事故、器物破損、暴行が多く重なり、とうとう困った江戸幕府は「イカ揚げ禁止令」
を発動しました。

実際には「いかのぼり」という言い方のようです。イカ揚げだとフライに見えますが・・・

 

そして、出てくるのがグレーゾーン。

 

幕府の上方に「お前なにイカ揚げやってるの?逮捕」と言われたときに、

言い訳がましく「オレが上げてるのはイカじゃなくて、タコだから」

完全な屁理屈を言って、逃れ始めたのが 凧(タコ)の語源と言われています。

ちなみに明治くらいまで、関西ではイカ 関東では タコだったようです。

現在では 凧(タコ)が標準語ですね。

 

言い訳は、自分にとって図星な部分を当てられるから、ついつい出てしまうものですが、

ボケのある可愛い言い訳だと、それがいつか文化に変化するのかな~

 

「イカじゃない、タコだよ」は全く可愛くはないですが・・当時はウケたんですね~

変な言い訳はいっぱいあります。
「なんで弁当食べてるの??」→「箸で」
「なんで来たんだよっ!」→「電車で」 などなど

完全にその場の空気次第な話の流れですが、グレー・ブラックも、超もヤバイも、

 

「時代の流れが、言葉の流れ」

 

新しく感じるトレンドラインを見つけていきたいですね!

 

 

 

※Facebookの申請などお気軽にお声がけ下さい。
平山紘介の名前で検索するとおりますので。(変わった営業などは受け付けておりません)

 

同じ業界、他業界で頑張る皆様を応援しております。

 

講師 平山

 

 

 

 

葛西・美容室・アンクルート・コーチング・心理・教育・経営・ライター・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 心の解説者®︎・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00