フォト技術(撮影)を上手くするには? パート②

  • ノウハウケアBlog
  • 平山 紘介

「自分の売り出し方をつくるコーチング」

講師の平山です。

 

 

 

今回は「フィルター効果」です。

 

カメラの撮影後の写真をPhotoshop加工 や RAW(ロウ)

 

撮影によって変化をすることも大切な技術ですが、

 

普通にミラーレスや、一眼レフで撮影をするとJPEGで保存されています。

 

「この辺はとてもよくわからない」 という事が今回の前提で、

 

加工技術には詳しくないけれど、印象を変えたい人の為の技術

 

「フィルター効果」です。

 

・自然光で撮る事を大切にしているけど柔らかく撮れない

 

・ストロボの減光など調節しても、柔らかくならない

 

そんな方ほど必見な「フィルター効果」

 

まずカメラを出して、ご紹介します。

普段のカメラはこのように、レンズにフードがセットについています。

フードを取り外し保護フィルター(ボールペンで指している部分)を外します。

 

注)もともとレンズに、保護フィルターを付けていない方は、何もついていません。

 

ここに、撮りたい写真の表現に合せたフィルターを選んで装着します。

 

フィルターにはカラーバランスを変化させるもの、

 

直射日光を抑えるもの、霧の中の撮影効果のものなどが、いろいろと売られています。

月9のような、プールに入り過ぎた時のような曇った写真は

 

ソフトスペックやフォギーなどのフィルターが効果的です。

 

普段のクリアーで撮った写真↓

加工も何もしていません。白い背景に撮ったスタッフ。

 

ここにフォギーのフィルターを付け替えて撮影すると

どうですか?このようなやわらかな印象に変化します。

 

パソコン加工ではなく、フィルターのみの写真。

 

さすがにフォギーでは霧がかり過ぎですが、印象の違いを

 

出すために使用しました。

 

幻想的な写真の雰囲気や、ドラマの撮影のような雰囲気、

 

には効果的なフィルターです。

 

「光は気にしているんだけど、どうしても柔らかく撮れない」

 

そんな方は、是非フィルターを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

いつも最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

※Facebookの申請などお気軽にお声がけ下さい。

平山紘介の名前で検索するとおりますので。(変わった営業などは受け付けておりません)

 

同じ業界、他業界で頑張る皆様を応援しております。

 

講師 平山

 

 

 

 

 

 

葛西・美容室・アンクルート・ポジティブ・コーチング・ティーチング・教育・経営・前向きコーチ・平山 紘介

平山 紘介
この記事の投稿者 アンクルート講師 平山 紘介
平山 紘介の
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00