意欲を育てること

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「売り出し方をつくるコーチング」

 

心の解説者®︎ 平山です。

 

積極的に行おうとする心

「積極的に行おうとする心」を意欲と言います。
子供でいえば”1人の力でご飯を食べて欲しい”
であったり”ひとりで宿題をやって欲しい”
といったことがあげられます。

意欲的に取り組む子供を育てることは
とても大変な教育で、意欲を持たない
子供を育ててしまうと、
「非常に生きづらい人生」を続けなければ
ならなくなります。

意欲を持たない子供になってしまうと
・親に指示する子供になる
・難しいことからに逃げる性格になる
・出来ないことでかんしゃくを起こす
など子供であっても大変です。
ましてや”意欲を持たない大人”になると
・言われたことしか動けない
・自分の言葉で会話ができない
・就職や結婚の決断ができない
など人生の大切な場面で転落をしてしまいます。

どうすれば意欲を持つ子供に育てられるのか?

子育てであれば
「親のやって欲しいこと」「子供のできること」
「子供がしたいこと」の3つを別々に考えます。
そして、親の考えるゴールにどこまでなら近づけられるのか?
成功体験を増やしていくことで意欲が育ちます。
「出来た!」という成功体験が意欲を増やしてくれるのです!

大人は意欲を忘れて”まとめ”てしまう傾向がある

意欲は大人な30代でも60代でも必要なこと。
大人になるともうこの歳だからと”始めない”選択を
することが多くなります。

しかし意欲のなくなった生活を繰り返してしまうことは
”飽きる”であったり”退屈”といった時間を生産します。

これまでにしたことをプライドに持つことは
とても素敵なことですが「あの時やったから」
で”まとめ”にはいってしまっても人生は続きます。

大人がやったことのないことを始めるのは難しいです。
しかし、3歳の子供がナイフとフォークでステーキを
食べてもらうのも、3歳にしては難しい壁です。

大人になるにつれて難しさへの挑戦や意欲を
”あきらめる”とか”やる必要がない”と断定してしまうことは、
人生を生きる中での楽しさが減少するいがいににありません。

社会通念上、僕は大人です。
けれども内心に「大人って何歳で?どんなことなのか?」
と疑問に思うことがあります(笑
我慢してやり続けるとか、わがまま言わないで出来るとか、
逃げるのではなく挑戦するとか、それが大人ならば、
その辺の意欲の少ない大人よりも、子供たちの方が出来ていると
思うからです(笑

「意欲の乏しい人生ほどつまらない生き方はない」
ビジネス意欲、生活意欲、遊ぶ意欲、合格意欲、
恋愛意欲など”生きる意欲”の乏しさは何も生みません。

綺麗事とは逆に、納得のいかない社会も
存在するのが現実です。
人生の中で冒頭の子供教育のように、
失敗や挫折が不正解ではないはずです。
子供がコップで飲み物を飲めなくても、
ストローで飲めたら成功じゃないですか。
例えこぼしても、それは失敗ではない。
こぼした現実を”乗り越える”やり方を
教えないことが本当の失敗になります。

これから先に綺麗事とは違う社会にも
遭遇するからこそ、乗り越え方を教える。
そして”意欲”を持った大人になることが
大切ではないでしょうか?

今回は「意欲を育てること」という
BLOGを記載しましたが、このBLOGを
きかっけに新しい意欲が生まれることを祈念しております。

※アイキャッチの画像は平山の趣味の集合写真です。

 

ブログをご覧頂きありがとうございます。

頑張る皆々様を応援しております。
心の解説者®︎・構成ライター 平山 コウスケ

 

 

 

心の解説者®︎・構成ライター・講師・売り出し方・コーチング・心理・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 資生堂講師・心の解説者・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00