悪気がない問題

  • ノウハウケアBlog
  • 平山 紘介

「反省してんのかよ?」と思う時

改善していこうと注意を促しても、なぜかズレてしまうとらえ方の違い。
とらえ方が異なれば、改善したい人と、注意をうけた人で何の変化も起きません。
この記事では悪気がない人の重要POINTを紹介していきます。

聞こえは良いが、始末の悪い「悪気がない」

悪気がない人の3ヶ条
・悪い事の自覚がない
・工夫しない
・変わる気がない

同じ職場の人も、何より上の立場で仕事をしている人にとっては、タチの悪い存在。
本人は悪いと思わないから反省もしないし、指摘したところで変わらない。

本来、悪い事に自覚のある人を指摘すれば、反省をします。
しかし、悪気がない人には通じません。では、どのようにすれば働くのか?

組織内に仕組みをつくりましょう。

人はサボれる作業はサボりたい生き物。サボりが見つかりそうならば
「やったふり」「適当な行動」を行います。

これが悪気がない「言い訳」の原因

性格に問題があっても、そもそもサボれる抜け穴
がなければ仕事は進みます。

こつこつサボりのクセを埋めていく。
組織内にサボり辛い仕組みが出来れば、自ずと悪気はないけど
やらざるおえない状況になる。

つまり、適当な行動を行えない組織の仕組みが、
「悪気がない言い訳を消す」重要POINTなんです。

 

 

 

 

 

 

葛西・美容室・アンクルート・ポジティブ・コーチング・教育・経営・前向きコーチ・マネジリスト・平山 紘介

平山 紘介
この記事の投稿者 アンクルート講師 平山 紘介
平山 紘介の
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00