よい親・よい経営者・よい上司として、自分をみせちゃうこと

  • 売り出し方をつくるコーチング
  • 平山 紘介 コウスケさん

「売り出し方をつくるコーチング」

 

心の解説者 平山です。

 

 

良い自分を目指すことはいいことです。

 

それは、親としても、経営者としても、上司としても。

 

ただ普通に過ごす時間のなかで【よい自分】演出するせいで

 

イライラしたり、怒ったり、お酒飲み過ぎたり、

 

寝れなくなっちゃたり、疲れたりする事は【よい自分】ではありません

 

よい親として生活する。良い経営者として仕事する。

 

どちらも【よい】ことのはずなのに・・なぜ、子供、部下には伝わらないのか?

 

とても気になる心理ですね~

 

親であっても、上司であっても、部下であっても、子供であっても、

 

間違いなく【人】です。

 

まず、人である以上、それぞれに考え方が違うんです】

 

バナナが好きな人、お笑いが好きな人、車が好きな人etcなんでも正解です。

 

言う事をきかない子供、言う事をきかない部下、

 

何度言ったら伝わるのか?どうしたらわかってもらえるのか?

 

その悩む部分は、家族でも、仕事でも【本質】は同じです。

 

仕事の付き合いと、家族は違うだろ。といった意見もあるでしょう。

 

もちろん家族と違って、離れる事、無視する事の出来る違いはあります。

 

しかし、親身になって社員や部下を育てている場合は同じです。

 

 

子供にイライラして、職場の人間関係に怒っているせいで、

 

ストレス解消していたって【本質】が変わらなければ、繰り返しなんです。

 

問題の本質から逃げても、繰り返しが続くだけ・・だから疲れる。

 

良くしたい自分のおもい。すれ違う伝達の問題。

 

いくつか解決への糸口があります。

子供や部下が成長する為に必要なこと】
・ダメ出しよりも、OK出しをしてあげる
・”普通”であることを目標にさせない
・泣くことの大切さ
・人を傷つけない注意より、人を許せる心の余裕
・失敗させないより、痛みの克服の仕方
・成功は1つだが、もがく過程の成長はいくつもある
・過度な期待をしない
・完璧に見えるように誇張させない
・失敗した人に「なぜ?」と問わない
・思い込みは自分の主観ということ
・不安は感じて当たり前のこと
・批判されてもお礼や感謝で返す

 

箇条書きの項目だけでも理解できるので、

 

細かい詳細は、あえて補足しません。

 

よい親、よい上司であろうと、頑張る自分も同じ成長過程です。

 

「よい」と一言で言っても、何が「よい」のかは明確ではありません。

 

【よい】つもりが当てつけになっていたり、

 

【よい】つもりが本質と逆説明していたり、

 

【よい】つもりで、自分の経験を伝えても、本人の経験と自分経験は違ったりと

 

【よい】自分で向き合っている時は【よい】自分を演出しても、

 

人には無意識もあります。無意識に伝えている時「意識していますか?」

 

僕はここに【本質】があると思っています。

 

自分がよくしたくて考える【よい】に間違いはなくとも、

 

無意識にする動作、無意識にでた発言、無意識に伝えた時、

 

その無意識の時に、自分が意識していなければミスが生れます。

 

褒めて育てるという考えも、よいことばかりではありません。

 

褒めてあげる事はいいことですが、

 

認めてあげて自立性を高めてあげる事の方が優れています。

 

褒める事で起きる負の連鎖
①よくできて褒める
②褒め忘れるとすねる、前回より過度の褒めを求める
③褒め続けないと動かなくなる。より高度の褒めを要求する

 

アイドルのドラマにあるような、わがままを形成させる仕組みです。

 

教育は難しいです。しかし、教育する自分自身も成長過程です。

 

完璧は難しい。完璧な親、完璧な上司には、すぐになれない、

 

だから楽しくもあり、追求する喜びがあります。

 

是非参考にして頂けたら、とても嬉しいです。

 

 

 

いつも、平山紘介コウスケさんのBlogをご覧頂きありがとうございます。
心理のアレコレやコーチングをもっと楽しく、
皆さんに面白いと評価されるように成長したいです。

 

 

同じ業界、他業界で、頑張る皆々様を応援しております。
心の解説者・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん

 

 

売り出し方・コーチング・心理・セルフブランディング・教育・経営・講師・平山 紘介 コウスケさん

平山 紘介 コウスケさん
この記事の投稿者 資生堂講師・心の解説者・構成ライター 平山 紘介 コウスケさん
平山 紘介 コウスケさんの
ご予約はこちらから

いいね!して最新記事を
チェックしよう!

ACCESS アクセス

eNcroute & goshel

  • ADDRESS

    〒134-0083
    東京都江戸川区中葛西3-27-1
    ハイメゾン葛西1F

  • CONTACT

    Tel. 03-5659-1771
    Mail. info@en-croute.com

  • OPEN

    10:00~20:00(定休日はNEWSに記載)
    CUT 最終受付19:00
    カラーリング 最終受付18:30
    特殊パーマ類 最終受付18:00